ブログ運営、アフィリエイト関連(無料&有料ツール・サービス一覧)

ブログ・アフィリエイト関連の無料・有料含めたサービス・ツール一覧です。

慣れてくると、googleのアナリティクス(サーチコンソール連携済)と画像作成のソフト以外はあまり使ってませんが、

こんなものもあるよということでご紹介。

ソフトデータを活用しながらブログやアフィリエイトの収益アップを目指そう。

目次

トレンドを把握する。

Googleトレンド

google trend>>>公式サイト

短期的・長期的な検索トレンドを把握することが出来る。

トレンドを題材にしてアクセスアップを狙うブログやアフィリエイトの記事選定の参考になる。また自分の扱うジャンルがどの程度の潜在需要があるのかも分かる。

キーワードを選定する。

goodkeyword

goodkeyword

>>>公式サイトへ

関連キーワードの検索結果と同時に、右下あたりにgoogleトレンドのチャート(検索ボリュームの推移)が表示されるのが便利。

参考までにブログで検索した場合、全キーワードリストは1001個。

グーグルサジェスト キーワード一括DLツール

googe sudgest

>>>公式サイトへ

Googleで検索をかけたときに表示されるキーワード候補をCSV形式でダウンロードできる。

参考までにブログで検索した場合、全キーワードリストは1049個。

関連キーワード取得ツール

keyword

>>>公式サイトへ

Googleサジェストに加え、Yahoo!知恵袋、教えて!Gooから関連キーワード候補を表示できる。

検索語を入力して表示される全キーワードリスト欄をCTL+Aで範囲選択し、CTL+Cでコピー、CTL+Vでgoogleキーワードプランナーの「新しいキーワードを見つける」にペーストし月間平均検索ボリュームをまとめて調べる事が出来る。

参考までにブログで検索した場合、全キーワードリストは851個。

KOUHO.jp

keyword kouho

>>>公式サイトへ

GoogleサジェストだけでなくAmazonサジェスト、楽天サジェスト、Bingサジェスト、はてな連想語、Yahoo知恵袋、Twitter共通語などからキーワード候補を調べられる。

参考までにブログで検索した場合、全キーワードリストは823個。

キーワードの検索ボリュームを調べる。

Googleキーワードプランナー

keyword plannner>>>公式サイトへ

検索キーワードのボリューム(需要)を調べる定番のツール。仕様変更に伴い無料版では制限がかけられアバウトな数字しか分からなくなってしまった。

ubersuggest

ubber sudgest>>>公式サイトへ

無料でキーワードのボリュームの詳細を知ることが出来るすごいサイト。無料でここまでできるのはここしかない。

日本語にも対応している。検索結果の表示が遅い時があるのが難点。

Keyword Tool

Keyword Tool>>>公式サイトへ

無料版では表示されるキーワード候補が少ない。有料版は月額48ドル、68ドル、88ドルの3プランがある。

aramakijake.jp

aramakijake.jp

>>>公式サイトへ

月間検索アクセス予測数に加えて、検索順位別に検索数を予測することが出来る。

キーワードの競合を調べる

MOZ>Keyword Explorer(キーワード競合チェック・ドメインパワー)

keyword explorer

>>>公式サイトへ

選定したキーワードで検索してみて競合の強さを確認するのに使える。ただし、無料版では検索回数に制限あり。

Chrome拡張機能MozBarにも似たような機能があるのでそちらで代用してもいい。

Moz独自の指標(DA・PA)によりの自分・他人のサイトのドメインパワーを見ることもできる。月額有料プランもある。

コンテンツ(ブログ・サイト)を作成する。

おすすめ有料テーマ

関連記事

有料テーマの選び方 有料テーマは無数にあり、価格・デザイン・機能どこで選べばいいのか初心者にとっては迷いがちな部分。 自分が初めて購入した有料テーマは公式サイトのデモを見てデザインで選びました。   機能に関し[…]

15 wordpress recomend

コンテンツの素材を準備する。

記事内に挿入する画像を探す。

関連記事

ブログやサイトのイメージに合う画像がなかな見つからず時間を浪費してしまう・・・ そんな問題を解決するべく画像素材ダウンロードサイトにて、適当なキーワードで検索し何枚ヒットするか調べてみました。こうやってみると無料と有料じゃ掲載枚数と種[…]

shutterstock

ScreenPresso(画像に注釈を入れる)

screen pressor

>>>公式サイトへ

デスクトップやWEBサイトの好きな位置をキャプチャーすることが出来るソフト。

キャプチャーだけでなく、キャプチャーした画像に矢印やぼかしを入れたり、手順を説明するための画像を作る際に非常に便利。静止画だけでなく動画のキャプチャーにも対応。

無料版でも十分な機能だがプロ版:1度きりの購入(29.99ユーロ:4000円程度)ですべての機能が使えるようになるので余裕があれば購入も検討したい。

Canva(アイキャッチ、ロゴ、バナー作成など)

canva

>>>公式サイト

サイトやブログのヘッダー画像やロゴ、アイキャッチ画像、SNS用のヘッダー画像などなんでもできるクラウド型の画像編集ツール。

ブラウザ版、iphone、Androidアプリ版あり。月額(12.95ドル:約1500円)の有料プランもあり。

サイト管理・チェックツール

Googleアナリティクス(アクセス解析)

google analytics 3>>>公式サイトへ

ブロガー、アフィリエイター必須のgoogleの高機能アクセス解析サービス。訪問者の傾向や行動パターンなどが分かる。

ユーザー数、PV数、国、地域、使用しているデバイスやブラウザなど様々なデータを参照できる。

Googleサーチコンソール(インデックス要求・検索クエリ・被リンク否認)

seach console>>>公式サイトへ

ブロガー・アフィリエイター必須のツール。googleの検索結果でサイトのパフォーマンスを監視、管理できる。

自分の書いた記事が検索結果に反映されない場合インデックスの要求(Fetch as Google)を出したり、自分のサイトがどのようなキーワードで訪問されているのかわかる検索クエリリンクの確認リンクの否認もできる。

アナリティクスと連携することによりアナリティクス側でデータを表示できるようになった。

GRC(検索順位チェックツール)

GRC

>>>公式サイトへ

ブロガー・アフィリエイター必須のツール。ブログやアフィリエイトを始めたところでアクセスがなければ意味がない。自分が書いた記事が検索結果の上位に表示されているか確認することができるインストール型のツール。

上位表示を狙っているキーワードを登録したら、あとは1日に1回チェックボタンをクリックするだけでOK。SEOの勉強にもなる優れたツール。スマートフォンからの検索結果を順位チェック出来るGRCモバイルもあり。

サイト管理・チェックツール その他

SEOチェキ(簡易SEO関連チェック)

seo cheki

>>>公式サイトへ

上記画像の基本チェック項目、追加チェック項目にある内容を調べることが出来る。自分のサイトだけでなく競合サイトについても知ることが出来る。

SimilarWeb(アクセス解析:キーワード流入)

SimilarWeb

>>>公式サイトへ

ブラウザ版と簡易版のChrome拡張機能版がある。googleアナリティクスで分かるようなデータだが競合チェックにも使用することが出る。

他人のサイトがどのようなキーワードで検索されているか分かるのは面白い。しかし、PV数などはgoogleアナリティクスのデータとは数値が違いすぎていることもあるので、傾向を見るために使用したほうが良い。ある程度アクセスのあるサイトでないとデータが表示されない。

THK Analytics(アクセス解析)

THK Analytics

>>>公式サイトへ

サーバーインストールタイプのアクセス解析。なんらかの理由でgoogleアナリティクスが使えない場合、試してみるとよいかもしれない。無料で使用できデータがグラフィカルに表示され分かり易い。

Ptengine(アクセス解析:ヒートマップ)

ptengine

>>>公式サイトへ

通常のアクセス解析はもちろん可能だが、目玉はやっぱりヒートマップ機能。サイト訪問者がどこをたくさんクリックしているかヒートマップで視覚化して確認できるサイト。

hanasakigani(被リンクチェック)

hanasakigani

>>>公式サイトへ

自分のサイトへの被リンク数、競合の被リンク数についても調べることが出来る。

MOZ>Link Explorer(被リンクチェック)

site speed

>>>公式サイトへ

被リンク一覧、被リンクサイトのスパムスコア、被リンクのアンカーテキストなどが分かる。

ahrefs(被リンクチェック)

Ahrefs

>>>公式サイトへ

7ドルで7日間の有償トライアルを体験できる。被リンク数や被リンク数の推移、どのようなキーワードで検索されているのか調べることもできる。

GRCの様なキーワードの順位表示機能もある。自サイトだけでなく競合チェックにも使えそうなサービス。しかし、一番安いプランでも月99ドルと料金高め。

WayBackMachine(ドメイン使用履歴チェック)

way back machine

>>>公式サイトへ

過去にそのドメインがどのような使われ方をしてきたか、ペナルティを受けるようなサイト運営をしていないか過去にさかのぼりキャプチャ画像で確認できるサイト。

GTmetrix(サイトの表示スピードチェック)

site speed

>>>gtmetrix.com公式サイトへ

緑の文字がgoogleによるベンチマーク「PageSpeed Score」にて「A~F」の6段階でサイトのスピードを評価したもの。

金色の文字の方がYahooによるベンチマーク「YSlow Score」により「A~F」の6段階でサイトのスピードを評価したもの。

2018年のgoogleのスピードアップデートによりページの表示速度はますます重要になりつつある。

 

おすすめのWordPressテーマ「THE THOR(ザ・トール)」

開発には一流のWEBデザイナー、SEOコンサルタント、アフィリエイター、ブロガーなど各界の精鋭が集まり、

彼らの知識とノウハウが詰め込まれています。

ブログ・アフィリエイトサイトで集客・収益を増やしたいならザ・トール以外の選択肢はありません。

the thor theme

↓ご購入はこちらからどうぞ